(平成28年7月1日条例第19号)
東彼杵町は長崎県一の緑茶の産地であり、そのぎ茶は本町の特産品である。生産、販売、その他の関連する産業は、本町にとって地域産業を支える重要な役割を果たしている。
 また、日本茶には誇るべき伝統と文化があり、それらに対する理解を深めることは、おもてなしの心や郷土を愛する心を育むことが期待される。
 しかし、近年の緑茶の需要は、お茶の振興に関する法律の制定、消費者の健康志向の高まり、お茶の持つ機能性の解明など好環境にあるにもかかわらず、消費の減少や茶価の低迷など厳しい状況である。
 ここに、ゆっくり座ってお茶を如何ですかを意味する且座喫茶の精神により、そのぎ茶の普及促進とおもてなしの心の醸成の推進を通じて、町内外へのそのぎ茶の消費拡大を図り、もって本町の産業発展並びに郷土愛の醸成に寄与することを目指し、この条例を制定する。
(目的)
(定義)
(町民の参画、協力)
(茶業者の役割)
(町の役割)
(そのぎ茶によるおもてなし)
(委任)