(平成元年10月23日制定)
東彼杵町町民憲章
 太陽、緑、水そして爽やかな空気。
 わたしたち東彼杵町民はこのすばらしい自然の中で生きがいのある、心豊かな生活と、調和のとれた香り高い文化の町をめざし、次代への道しるべとしてここに町民憲章を定めます。
 一、恵まれた自然に感謝し住みよい町をつくりましょう。
 一、思いやりのある心で明るい家庭をつくりましょう。
 一、健康で仕事に励み豊かな郷土をつくりましょう。
 一、ともに学びあい子供のゆめと若い力を伸ばしましょう。
 一、きまりを守り交通安全の輪を広げましょう。
町木「楠」
 町としてのシンボル性、歴史的背景、自然にマッチしたものを基準として歴史的にも極めて係りのある常緑高木で芳香を有する「楠」を選定する。
町花「コスモス」
 素朴さの中に力強さがあり、栽培がしやすく、やさしさがあることを基準として、1、2年草で和名「秋桜」
 花言葉「少女の純潔、少女の愛情」の花
 「コスモス」を選定する。