町章
矢印の画像福祉医療制度
福祉
矢印の画像障害者福祉
矢印の画像高齢者福祉
矢印の画像生活保護
矢印の画像子育て支援
矢印の画像福祉医療制度
対象者及び助成内容
申請に必要なもの
助成方法

福祉医療制度

 福祉医療とは、保険証を使って医療機関で受診された際、支払われた保険診療金額について、その一部を助成する制度です。子育て世帯の経済的負担軽減と福祉の増進を図るために、小学校就学前のお子さんは出生時から、小学生のお子様は平成28年4月診療分から、中学生のお子様は平成29年4月から医療費の助成を行います。

1 福祉医療制度の対象者および助成内容

区分 対象者 助成内容 所得制限 カードの色
乳幼児 入院通院 小学校就学前のお子さん  医療機関に支払った月の合計金額が、自己負担額を超えた場合にその差額を支給
<自己負担額>
 一つの医療機関に月1回のみ通院(入院)した場合の自己負担額800円
 一つの医療機関に月2回以上通院(入院)した場合の自己負担額1,600円
 (注)自己負担は医療機関ごとに差し引かれます
 (注)調剤薬局については自己負担はありません(全額を助成)
無し ピンク
子ども 小学生・中学生のお子さん 無し
ひとり親 母・父 母子家庭・父子家庭で20才未満のお子さんを監護している方 有り
母子家庭・父子家庭、または、父母のない18才未満の方(高校在学であれば20才未満の方) 有り
障害者 障害者手帳の1・2級、療育手帳のA1・A2のいずれかをお持ちの方 有り
障害者手帳3級、療育手帳B1のいずれかをお持ちの方  医療機関に支払った月の合計金額が、自己負担額を超えた場合にその差額の1/2を支給(小学生の方は、上記の助成と同額になるよう、差額を子どもの区分で支給)
<自己負担額>
 一つの医療機関に月1回のみ通院(入院)した場合の自己負担額800円
 一つの医療機関に月2回以上通院(入院)した場合の自己負担額1,600円
 (注)自己負担は医療機関ごとに差し引かれます
 (注)調剤薬局については自己負担はありません(金額×1/2)
有り
療育手帳B2をお持ちの方(ただし、後期高齢者医療制度の適用をうけておられる方を除きます)
通院 精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方  医療機関に支払った月の合計金額が、自己負担額を超えた場合にその差額を支給
<自己負担額>
 一つの医療機関に月1回のみ通院した場合の自己負担額800円
 一つの医療機関に月2回以上通院した場合の自己負担額1,600円
 (注)自己負担は医療機関ごとに差し引かれます
 (注)調剤薬局については自己負担はありません(全額を助成)
有り
寡婦等 入院 60才以上70才未満で扶養義務者と生計を同一にしていない寡婦の方など 医療機関に支払った月の合計金額から1日につき1,200円を差し引いた額を支給 有り

2 福祉医療費受給資格認定申請に必要なもの

乳幼児・子ども
・健康保険証(対象児童のもの)
・申請者(保護者)名義の銀行の預金通帳
・印鑑(申請者・被保険者のもの)(みとめ印可)

ひとり親
・健康保険証(母または父・および子のもの)
・申請者(母または父)名義の銀行の預金通帳
・印鑑(申請者・被保険者のもの)(みとめ印可)
・所得証明書(転入等、町で所得が把握できない時)
・児童扶養手当受給者証

障害者
・健康保険証(支給対象者のもの)
・申請者(支給対象者・または保護者)名義の銀行の預金通帳
・印鑑(申請者・被保険者のもの)(みとめ印可)
・障害の程度を証する書類(身体障害者手帳・療育手帳)
・所得証明書(転入等、町で所得が把握できない時)

寡婦等
・健康保険証(支給対象者のもの)
・申請者(支給対象者)名義の銀行の預金通帳
・印鑑(申請者・被保険者のもの)(みとめ印可)
・所得証明書(転入等、町で所得が把握できない時)

3 助成方法

 助成方法は、償還払いと現物給付の2種類があります。

1 償還払いについて
 医療機関に受診された際、医療機関の窓口で保険診療金額を支払っていただき、後日、申請書により払い戻しの請求をしていただきます。
 (注)毎月10日までに申請書を提出されますと、月末に振込口座に振り込みます。ただし、後期高齢者医療制度対象の方は、診療日から3か月後の振込みになります。

<福祉医療支給申請書の提出について> 福祉医療支給申請書はこちら Word:71KB
・病院(薬局)1か所につき申請書1枚必要です。同じ病院(薬局)の領収書であれば、3か月分まで1枚の用紙で書くことができます。
・申請書に証明をしてもらうか、又は保険診療分の明細の分かる領収書を添付して下さい(レシート不可)。
・領収証を添付して申請する場合、下記の事項が記載されている領収書でなければ受付できません。
 領収金額、受診年月日、保険診療点数、医療機関の名称、領収年月日、医療機関の領収印、受診者氏名
(注)確定申告等で領収書の原本が必要な場合は、領収書のコピーでの申請も可能です。その場合、提出時に原本確認をさせてもらいますので、必ず原本とコピーをお持ちください。一度提出された領収書はお戻しできません。(ただし、福祉医療で支給申請をされた領収書につきましては、自己負担分(1日800円、2日以上1,600円)のみが確定申告の対象となります。)

2 現物給付について (注)小学校就学前のお子さんが対象です
 福祉医療費支給対象者(乳幼児)が、医療機関等で受診した場合、保険証と一緒に東彼杵町交付の「乳幼児福祉医療費受給者証」を提示すると、その場で福祉医療の助成を受けることができます。(後で医療機関等と役場で手続きを行うため。)自己負担額(医療機関毎に1日800円、月上限1,600円、調剤薬局代は自己負担なし)のみを病院の窓口で支払います。
(注)助成対象は、健康保険適応となる医療費及び調剤費です。ただし、高額療養費や家族療養付加金などの給付金がある場合、または他の法令に基づく給付がある場合には、その金額を除いた分が対象です。
(注)日本スポーツ振興センターの災害給付金がある医療費は申請できません。

お問い合わせ先

役場町民課福祉係 0957-46-1155
↑トップへもどる